化学療法

■化学療法とは 

 「化学療法」は抗がん剤や化学物質を用いてがんを死滅させたり、増殖を抑えたりすることを目的とした治療法です。

 

 がんの増殖を抑えることは罹患者のQOL(Quality of Life)向上が大きく期待されます。

 

 がん治療における化学療法は「外科手術」と「放射線療法」と並び、3大標準治療の一つです。 

 

 「細胞障害性抗がん薬」が従来より知られていますが、現在では「分子標的治療薬」や「免疫チェックポイント阻害薬」、「ホルモン療法薬」などもあり、日々進歩している領域でもあります。 

 

 


■化学療法実施までの流れ 

 医師から化学療法の説明(目的や副作用など)を受け、十分に理解したうえで、治療の実施を判断します。

 

 治療日決定したら、治療室を見学(外来通院で行っていく場合)し、治療当日を待ちます。 

 

 治療当日はまず採を行い、その後各科医師の診察を受けます。その後、治療室に移動し受付、その後治療を実施し終了となります。

 

 なお、医師の診察を受ける際に、血液検査の結果や患者さんの体調が芳しくない場合は化学療法の実施が見送られる場合もあます。

 

 それぞれの施設によっても異なりますが、化学療法は入院だけでなく、外来で受けられることが多くなっています。

 

 ただし、副作用などへの対応を行う必要が出てくるため、初回の治療時は入院で行う施設が多いようです。 

 

 


■化学療法の有用性 

 化学療法は全身への治療効果が期待出来ることが非常に大きな特徴です。

 

 例えば、外科手術と比較した場合、手術原則的にがん細胞が局所にとどまっている場合にしか切除することが出来ず、その他臓器や全身に転移してしまった場合は対応出来ません。

 

 また、がん細胞をすべて切除出来るとも限らないため、再発のリスクが残ってしまいます。

 

 一方で化学療法はこれらの課題に対して非常に有効的で、大きな効果が期待出来るのです。 

 

 


■その他治療と組み合わせ 

 化学療法のみでがんの治療を進めていくこともありますが、「外科手術」や「放射線療法」と組み合わせることで、治療の最適化を図る事例も見られます。 

 

 例えば、手術前に抗がん剤の投与をはじめとした化学療法を実施することで、手術対象となるがんの縮小化を実現させ、手術効果の最大化が期待出来ます。

 

 また、このように二つ以上の治療法を組み合わせて行う治療を集学的治療といいます。 

 

 


■化学療法のリスクや懸念点 

 化学療法には副作用というリスクがあり、吐き気や嘔吐、倦怠感、身体への痛み、脱毛、肺炎などが挙げられます。

 

 これらの副作用は自身で自覚することが出来る症状ですが、白血病や血小板の減少といった副作用の場合は採血検査など確認することが多いです。 

 

 どの薬物を使用するかによっても、出現しやすい副作用が異なってきますので、治療を受ける前に確認するようにしましょう。 

 

 どの治療法でも言えることですが、治療を受ける前にしっかりと治療の目的や効果・副作用などを確認し、十分に理解・納得してから治療を受けましょう。

 

 また、治療中に体調の変化を感じた際には担当の医療従事者に速やかに相談してください