免疫療法

■免疫療法とは 

 「免疫療法」は誰もが生まれながらに備えている免疫の機能を利用することで、がん細胞を排除することを目的とした治療法です

 

 がん治療では外科手術「化学療法」放射線療法が3大治療といわれますが、免疫療法はそれらに続く治療法として「第4の治療法」と呼ばれることもあります。 

 

 私たちの体は、自身の体ではないものを「異物」とみなし、これを排除しようとする機能が備わっています。

 

 これを免疫と呼び、この中で白血球が主体的な役割を担っております。白血球は顆粒球系(好酸球、好中球、好塩基球)や単球系(樹状細胞、マクロファージ)、リンパ球系(T細胞、B細胞、NK細胞、NKT細胞、樹状細胞)から構成されます。 

 

 これらの免疫細胞の働きにより、がん細胞が発生した時に「異物」とみなして排除しようとしていますが、免疫力低下したり、がん細胞が免疫から逃れる作用を獲得したりすると、がん細胞を排除しきれなくなります。

 

 現在、標準治療で使用されている免疫療法は、このがん細胞が免疫から逃れるために免疫へブレーキをかける部分を阻害する薬(免疫チェックポイント阻害薬)が中心となっています。免疫へのブレーキがなくなれば、免疫ががん細胞を排除する力を取り戻せるという仕組みです。 

 

 


■免疫療法の有用性 

 免疫療法は自身の免疫を活かした治療法であるため、従来の抗がん剤を用いた化学療法と比べると副作用が少ないと言われております。

 

 ただし、免疫は全身に影響を及ぼすものなので、全身の様々なところで副作用が生じる可能性があるため、それぞれの治療を開始する前に、起こりやすい副作用などの説明をしっかりと受けて下さい。 

 

 


■その他治療と組み合わせ 

 免疫療法は単独での実施だけではなく、手術や化学療法、放射線療法といった従来の治療法と組み合わせて実施されることもあります。

 

 このような様々な治療法を併用して行うことを「集学的治療」と呼びます可能です。 

 

 


■免疫療法のリスクや懸念点 

 保険が適用された治療法だけでなく、自由診療(自費)での高額な治療もありますが、その多くは科学的には有効性が証明されていないものです。

 

 効果が科学的に証明され保険診療となっているものと、そうでないものがあるので、そうでない治療を受ける際には効果などについて十分に確認する必要があるといえるでしょう。