DNA検査

DNA検査による「先天性罹患リスク可視化」

DNA検査によって
一人ひとり異なる先天的な罹患リスクを
可視化することが可能です。

DNA検査技術を活用することで先天的な罹患リスクを顕在化・可視化し、
将来罹患する可能性のある病気の予防を実現します。
病気にかかりやすい体質か、健康な状態なのか病気を発症する可能性が高い状態なのかという自らの健康状態を知ることが可能です。
一人ひとりに個別最適化した予防対策が実現可能になります。
DNA検査結果 対応例
糖尿病罹患リスクが高い 炭水化物中心の食生活を見直す
胃がんリスクが高い ピロリ菌検査の実施、塩分の高い食べ物をやめる
肺がん・脳血管疾患リスクが高い 禁煙、血管疾患リスクのため適度な運動を行う
リスクの高い病気に対して予防対策を実施。
予防・早期発見を実現。